韓国の本を買おう!

みなさん、韓国の小説などに関心はおありでしょうか?

ドラマや映画、K-POPなどはテレビなどでよく放送しているようなので

より身近に接することができるかと思います。

ただ、なかなか韓国の小説や文学などについては身近ではないようですね。

最近では、翻訳者が増えてきているのか

韓国の小説も、徐々に翻訳本が増えてきているように思います。

一度みなさんも韓国の小説を読んでみては如何でしょう?

韓国のドラマや映画にハマっている皆さん、原作を読んでみるのも面白いですよ〜

 

もちろん、原作を韓国語のままで読むのもよし、

翻訳されたものを読むのもよし、

どちらもお勧めします。

じゃぁ、どこで買えばいいのか?と言う方に、韓国の本の買い方をご紹介します。

 

その1ー韓国の本を専門的に扱う神保町の本屋さん 

CHEKCCORI(ちぇっこり)

CHEKCCORI(チェッコリ) - ~韓国の本とちょっとしたカフェ~

神保町にある韓国の本を主に扱っている本屋さんです。

イベントなどもよく行っているので、是非チェックしてみてください。

 

その2ー思い切ってネット通販 알라딘 (aladin)

*韓国の本を大量購入して原文で読みたいと言う方にはこちらをお勧めします。

http://www.aladin.co.kr/home/welcome.aspx

このアラジンというお店は、日本でいうブックオフ

でもブックオフよりも、何というか本を大事にしている感じがします。

もとは中古本専門で、向こうで学校に通っていた時によく古本を探しに通いました。

中古本なので少し汚れがあったりもしますが、とても安く手に入るのでお勧めです。

海外からもネットで購入できるようになっています。

ちなみに、最近私がネットで4冊(中古本3冊と新品1冊)を購入しましたが、

料金は 45,400 원 (本の価格28,400원 + DHL配送料 17,000원)でした。

 

もし、旅行のついでに本を買う場合は、このアラジンに寄ってみるのも良いですね。

たくさん買って近くの郵便局(EMS)で送れば、安いですよ〜。

ちなみに、このアラジンの売店はこんなにたくさんあります。

서울
 
 
 
 
 
경기
 
 
 
광역시 등
 
 

 

ぜひ、韓国の本を買って読んでみてください!

 

‘은/는’は主語を表さない(ソウル新聞記事の日訳)

ソウル新聞のある記事を日訳してみました。

国語学習者への参考になればと思います。出処は下記のページです。

〜以下、日訳です〜

 

/는’は主語を表さない。(イ・ギョンウ語文チーム長)

 

「春の日は過ぎ去る」

この文章の主語は「春の日」だ。

「春の日」が置かれた位置から推測することもでき、助詞‘은’からも分かる。

述語の‘간다’を見るとより確信する。

ところで、助詞‘은’を見て「春の日」を主語だと判断するのは正確ではない。

‘은’には主語だと示す機能が全くないのだ。

主語を示す役割をする代表的な助詞は、‘이’と‘가’だ。

 

‘은(는)’は他の役割を持つ。

主語につくことがよくあるということから、

主格助詞として混同することもあるが、‘은(는)’はただ特別な意味をつけ加えるだけだ。

 

「春の日は過ぎ去る」は「春の日が過ぎ去る」と意味合い(色)が異なる。

「春の日が(봄날이)」の‘이’は単に「春の日」が主語であることを示す。

だから、「春の日が過ぎ去る」は焦点が主語にあると言うのだ。

 

過ぎ去るものが何なのかが重要な場合、「春の日が過ぎ去る」は不自然に感じられる。

「春の日は過ぎ去る」では、後続の内容が気になる。

‘은’が後ろに焦点を合わせたのだ。

‘은’は主格助詞‘이’も脱落させる。

それでも「春の日」が主語であると言うことが分かるのに無理はない。

 

‘은(는)’は次のように比較対照する役割もある。

「冬は寒く、春は温かい(겨울은 춥고, 봄은 따뜻하다)」。

‘은(는)’の役割の中で、‘対照’は最も明確に表される。

「君にも間違いはある(너에게도 잘못은 있다)」では強調の意味を強くする。

「間違いがある(잘못이 있다)」での「間違い」はたやすいが、

‘이’を‘은’に変えた瞬間、伝達の強度が変わる。

 

「松の木は針葉樹だ(소나무는 침엽수다)」での‘는’は、

‘松の木’が話題になるようにしている。

この時の“松の木は”は、

‘松の木で(소나무로 말할 것 같으면)’程度の意味で使われる。

 

 

[출처: 서울신문에서 제공하는 기사입니다.]

http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20170309029008&wlog_tag3=naver

'은/는'と'이/가'の使い分け

最近、韓国語の学習者の方に倣って韓国ドラマを見ることに。

でも韓国ドラマは1話で約1時間半。

一度見るとやめられない中毒性が・・・

1時間半を徹底的に語学学習として見るにはちょっと難しいですね。

30分くらいは語学学習として耳をそばだてて見ていますが、

だんだんと集中力が切れてきて、いつのまにやら普通にテレビ見ている状態に。

困ったもんです。

 

と、いつものようになんの関係もない話題から入りまして

ここから本題です。

 

ここのところ気がついたのは、韓国語学習者の中で

'은/는'と'이/가'の使い分けが曖昧

な方が多い、もしくは使い分けに自信がない方が多いかと思います。

そして自分はどうかといえば、明確に説明ができないなぁ、と。

そこでちょっと調べて見ました。

あまり参考書などのルールや規則ではピンとこないタイプではありますが、

参考になるような説明があったので、ここで紹介したいと思います。

**********************************

「이/가 은/는 차이점」

助詞の‘은/는’がついた単位が文章の中で主題として使われる場合があるが、

特に主語が主題語として使われる場合には ‘이/가’が使われた主語と対立して使われる。

이 사람이 제 친구입니다.(この人が私の友達です)」

のように‘이’が使われた文章は会話の最初にくる内容や段落が変わる時、

または主語をはっきりと表そうとする意図があるときに使われる。

이 사람은 제 친구입니다.(この人は私の友達です)」

のように‘은’が使われた文章は前の文脈で提示した主語が繰り返される時に使います。

これにより「네 친구라는 사람이 누구야?(あんたの友達という人は誰?)」

という質問に対しては「이 사람이 제 친구입니다.(この人が私の友達です)」と話し、

이 사람이 누구야?(この人が誰?)」という質問に対しては

이 사람은 제 친구입니다.(この人は私の友達です)」と話すことになります。

 

“이 사람이 제 친구입니다.”

“이 사람은 제 친구입니다.” 

“네 친구라는 사람이 누구야?”→“이 사람이 제 친구입니다.”

“이 사람이 누구야?”→ “이 사람은 제 친구입니다.”

********************************

ふむふむ。

「うん知ってるよ」と言いたいところですが、私はこんな説明できません。

こんな風に説明がさらりとできると良いですなぁ。

しかも教える目線が何だか優しい。友達が優しく教えてくれているみたい。

これは、韓国の国語の先生が韓国に住む外国人からの質問に答えた文を簡単に訳したものです。

元の文章がネット上で見つけられなく原文を紹介できません。

ただ、この回答文は学習者にとって参考になると思ったので紹介しました。

 

次回はソウル新聞の‘은/는’은 주어를 가리키지 않는다

「'은/는'は主語を表さない」という気になる記事を発見したので紹介したいと思います。

 

 

耳を鍛えるYTNニュース

夏ですね。暑いですね。都心に来るとちょっと具合が悪くなってしまいます(T・T;)

 

なんだか、異常気候が続くのが実感としてわかるようになって来ていませんか?

ちょっと怖いですねぇ。

韓国のニュースを見ていたら、

豪雨の被害が発生していると続いていると言っていました。

河川が氾濫直前だったり、ちょっとした洪水状態になっている地域もあるようです。

そして畑や田んぼに氾濫した川の水がもうちょっとで流れ込んでしまう状態の映像が流れていました。

こちらも九州が大変なことになっています。

被害状況を聞いたりすると胸が痛みますね。

私はいつも九州の方から自然農法の玄米を取り寄せています。

でも、自然災害(原因は人間による環境破壊は明らかですが)が続くと農家さんに大打撃が。

そしてそこからお米や野菜をいただく私たちにも大打撃が。

やはり他人事ではないなぁ。

 

(突然話題を韓国語学習に急展開して・・・)

ところで韓国語ですが、

韓国のニュースで天気予報が一番早口だと思いませんか?

短い時間で多くの情報を伝えないといけないからでしょうか?

今のところ、このお天気キャスターの速度を真似する事ができません・・・

どうしたらいいのかしらぁ。

と、思うのですがひたすら練習ですよね。

発音の練習は真似するに限ります。耳を鍛えましょう。

そんな練習に良いと思う番組はやはり

Y T N!!

YTNニュースの良いところは、中継が見られることと、すぐに文字起こしがされるので

聞き取りができなかったところをチェックする事ができます。

文字起こしといっても、少し文言が変わっていることもあります。

これは口語を文語にする過程で、文語調にふさわしい方に変えているのでしょうかね。

 

 

 

皆さんも是非一度ご覧になって見てください。

YTNは下記からアクセスできます〜

www.ytn.co.kr

 

3人の盗賊 세 강도(2)

暑いですね。

雨も少ないので、水不足が心配です。

前回、トミー・ウンゲラーの絵本(韓国語)を紹介しました。

その続きを書いていきたいと思います。

ブログタイトルに、「3人の盗賊」と入れたのですが、

日本で翻訳された絵本は「すてきな三にんぐみ」となっていました。

原題The Three Robbers』

うーん・・・お話としては一見良いお話なのでわからないでもないのですが、

この絵本については直訳した方が良いと思っています。

なんてったって、トミー・ウンゲラーなのですから(←理由になっていませんが)

はい、ではまたここから絵本の続きを紹介します。

**************************************

**************************************

 

지독히도 캄캄한 어느 날 밤에, 강도들은 어떤 마차를 세웠단다.

마차에는 딱 한 사람이 타고 있었어.

티파니라는 고아였지.

티파니는 심술궂은 숙모네로 살러 가던 길이었어.

티파니는 강도들을 만나게 되어 기뻤단다.

f:id:DANZ-DANZ-DANZ:20170710144149j:plain

마차 안에는 티파니를 빼고는 보물이 한 점도 없었어.

그래서 강도들은 따뜻한 망토로 티파니를 감싸서 안고 데러갔어.

f:id:DANZ-DANZ-DANZ:20170710144158j:plain

강도들은 동굴 구석에 티파니를 누일 푹신한 잠자리를 마련했어.

티파니는 거기에서 잠들었지.

f:id:DANZ-DANZ-DANZ:20170710144210j:plain

다은 날 아침에 티파니가 잠에서 깨어나 보니, 주위에 반짝이는 보물이 담긴 궤짝들이 있는 거야.

티파니가 물었어.

"이게 다 뭐에 쓰는 거예요?"

강도들은 말문이 막혀 횡설수설했단다.

강도들은 자기네 재산을 어떻게 쓸지 한번도 생각해 보지 않았거든.

f:id:DANZ-DANZ-DANZ:20170710144220j:plain

강도들은 자기네 보물을 쓰려고, 길을 잃은 아이나, 불행한 아이, 버려진 아이들을 닥치는 대로 데러왔어.

f:id:DANZ-DANZ-DANZ:20170710144233j:plain

강도들은 이들 모두가 한께 살 수 있는 아름다운 성을 샀어.

f:id:DANZ-DANZ-DANZ:20170710144243j:plain

아이들은 빨강 모자와 망토를 차려 있고, 새 집으로 이사했지.

f:id:DANZ-DANZ-DANZ:20170710144253j:plain

성에 대한 소문이 온 나라에 퍼졌어.

날마다 세 강도네 문가에는 제발로 찾아오거나, 누군가 데려다 놓은 아이들이 있었지.

f:id:DANZ-DANZ-DANZ:20170710144302j:plain

아이들은 자라서 결혼할 나이가 되었어.

아이들은 성 근처에 집을 지었지.

마을을 점점 커졌고, 온통 빨강 모자와 빨강 망토를 차려 입은 사람들로 가득 찼어.

사람들은 인정 많은 양아버지가 된 세 강도를 기리려고 뽀족한 지붕이 있는 높은 탑 세 개를 세웠어.

강도 한 사람에 탑 하나씩이었지.

f:id:DANZ-DANZ-DANZ:20170710144310j:plain

**************************************

**************************************

 

おしまい。

 

三人の盗賊 세 강도 (1)

今日は、私が初めて韓国で買った絵本を二回に分けて紹介します。

絵本の原作は、トミーウンゲラーというフランス人絵本作家、イラストレーターです。

なんで韓国人の作品じゃないのかって?

なんででしょうか・・・

ただ、この人の作品が好きで、たまたまよく通った古本屋で見つけたから。

あ、アラジンという古本屋はとてもオススメです。

新品を買うにはちょっと高いなぁと思っていたのですが、

この古本屋を友達から教えてもらってからずっと、そこで色々な本を買いました。

ちなみに、ネットでも購入できますよ。

アラジンー알라딘

http://www.aladin.co.kr/home/welcome.aspx

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

세 강도

옛날 옛날에 무시무시한 강도 세 사람이 있었대.

강도들은 커다란 검정 망토와 높다란 검정 모자로 온몸을 가리고 돌아다녔지.

f:id:DANZ-DANZ-DANZ:20170703151243j:plain

첫번째 강도는 나팔총을 가지고 다녔어.

두번째 강도는 후춧가루 발사기를 가지고 다녔고.

세번째 강도는 커다랗고 빨강 도끼를 들고 다녔지.

f:id:DANZ-DANZ-DANZ:20170703151253j:plain f:id:DANZ-DANZ-DANZ:20170703151305j:plain

컴컴한  밤이 되면 강도들은 훔칠 게 뭐 없나 하고 이리저리 돌아다녔어.

f:id:DANZ-DANZ-DANZ:20170703151313j:plain

사람들은 강도들이 무서워서 벌벌 떨었지.

여자들은 기절했고, 용감한 남자들도 달아났어. 개들도 도망갔지.

f:id:DANZ-DANZ-DANZ:20170703151322j:plain

강도들은 말 눈에 후춧가루를 뿌려 마차를 세웠어.

도끼는 마차 바퀴를 부수었고.

나팔총으로는 사람들을 위협해서 돈을 빼앗았지.

f:id:DANZ-DANZ-DANZ:20170703151331j:plain f:id:DANZ-DANZ-DANZ:20170703151343j:plain

f:id:DANZ-DANZ-DANZ:20170703151358j:plain

강도들의 소굴은 높은 산 위의 어느 동굴에 있었어.

빼앗은 물건들을 그리로 옮겨 두었지.

강도들은 금, 장신구, 돈, 시계, 결혼 반지, 보석들로 가득한 궤짝을 여럿 가지고 있었어.

楽しんだもの勝ち

ワーキングホリデイの最初の頃、

延世大学の韓国語学堂の1級に通った時のことです。

私のクラスには、日本人、中国人、ドイツ人、アメリカ人、ロシア人がいました。

その中で、ロシア人のクラスメートがなかなかユーモラスな人で

今考えると、結構面白いエピソードがあるなぁと。

そのうちの一つが、彼の堂々とした態度です。

 

初級クラスなので、韓国生活に適応できるような会話のレッスンがありました。

その中でタクシーの乗り方。

運転手さんにどうやって行きたいところを伝えるのか。

韓国語を学んでいる方は、最初に「어디어디에 가주세요.」と覚えたと思います。

その「どこ」というのを自分の家と設定したら、

まずは自分の家の住所を覚えなければいけません。

みんな順番に自分の住んでいるところを伝える会話のレッスンをしていました。

私はその頃 용산구(龍山区)に住んでいたので、タクシーに乗れば

「용산역으로 가주세요.」と言っていたと思います。

もしくは、その家の近くにあった「국립박물관쪽으로 가주십시오」とか。

で、ロシア人の順番になった時、彼は英語で「Hey, It's me!」と言い放ったのです。

??????????????

先生が、それじゃわからないでしょ?と言います。

すると彼は、「大丈夫、これで行けるから。みんな俺のこと知ってるし。」

みたいなことを言ってゴリ押し。

みんな笑って、彼はそんな感じで韓国社会に馴染んでいくのだと思いました。

先生もお手上げで、まぁいいか、と。

・・・・・・・

私たちは比較的、学校に通えば真面目に勉強したり覚えたりします。

でも学校で習ってもすぐには韓国語は通じない。

それは当たり前で、真面目に勉強しても最初はわからないことだらけで、通じないのが当然ですね。

ただ、学ぶ姿勢の中で間違ったら恥ずかしいとか、

韓国で何かを伝えようとした時に「はぁ?」という感じで反応された時に、

ごめんなさい。というようなちょっとおどおどしてしまいます。

でも、そんなに恐縮する必要はありません。

だってわからないんだもん。

だから学校で習っているわけですし。

間違うことが恥ずかしいとか思う必要はない。

間違うことは失敗ではありません。

目一杯間違っても、堂々と彼のように(?)馴染めることが大事かな。

韓国語を日本で習うこともそうだと思います。

習っている過程をテストされているわけでもないし。

楽しんだもの勝ちだと思います。

私は、クラスメートが多国籍であったことから、そういうことも学びました。

人と自分が同じ感覚で学ぶわけでもないし、前提が違うことは当然です。

だから、自分も堂々と間違いながら、でも一つひとつ身につくことを実感して

これからも勉強を続けて行きたいと思っています。

・・・・・・・・・・・・・

後日談

ある時初級クラスのみんなで食事をしに言った時のこと。

上で話したロシア人の彼もいました。

彼はちょっとみんなより先に帰ると言って先に店を出ました。

しばらくして、店にいたみんなも食事を終えて外に出てみたら、まだ彼は店の外に。

どうしたのか聞いてみたら、「タクシーに乗れない」と言います。

自分の住むところの地域名を言ってもタクシーのおじさんが分からないと言って

乗せてくれないのだそうです。

その当時はカーナビが普及していなかったせいか、

住所を言っても運転手のおじさんが知っている地域でなければ乗せてくれないことも多かったのです。

試しに私が彼の住所を捕まえたタクシーのおじさんに言ってみても、

「そんな地域はないよ」という具合にあしらわれました。

やっぱり授業中にシミュレーションの練習はやっておくべきでしたね。

結局彼は、なんだかんだ言って笑いながら「大丈夫、何とかするよ!」と

夜の闇に消えて行きました。

最後までたくましい友達でした。