読みの速度は、発音から

先日、韓国語教室の生徒さんから聞いた事。

「どうしても聞き取れない。」

書かれてあるハングルを読んで初めて意味が分かる。

書かれてあることは何とか理解できても、聞き取りができない。

 

この方は日本でネイティブの先生のもとで勉強してもいたけれども、

なぜか「聞き取れない」と悩んでいたそうです。

 

でもこれ、私にも覚えがあります。

韓国に暮らしていれば、いつのまにか聞き取れるようになると思っていたのに、

ニュースになると途端に聞き取れなくなるんです。

書かれてある新聞とかは辞書さえあれば理解できるけど、

アナウンサーが話し出すとお手上げ。誰もが早口で喋っているように聞こえました。

学校や日常生活は、知っている範囲のことだけで成立してしまうけれど、

ニュースなどの日常から一歩離れただけで、外国人の私にはなすすべがなかったです。

ただ、私の場合は韓国ワーキングホリデイで基本的にアルバイトしながら、

耳で韓国語の基礎を学んで行ったので、発音変化のルールを自然と身につけた感じです。

それでも、実は発音の仕方が異なっていたということが未だにあります。

勝手に間違った(標準語でない)発音を身体に覚えこませてしまっていたんですね。

 

韓国語を学ぶ上で大事なことは、

韓国語は、ハングル表記、文法、発音が三位一体となって初めて上達すると思います。

 

だから聞き取りで、あぁ、これは表記通りに読まないのだ、と気がつけないと苦労してしまいます。

その気づきは、人から教えてもらっても良いし、自分で気がつくのでも良い。

人それぞれだから気づきのきっかけは色々で良いと思います。

自分で気が付けるから優秀というのでもないし・・・

 

もし、韓国語を学ぶのであれば、発音をきちんと教えてくれるところに行くことをお勧めします。

 

例えば、発音をきちんと学ばずに上級者になって韓国語のニュースを題材に勉強したとします。

ニュースの原稿を表記通りに読みます。

アナウンサーに合わせて読んでみます。

すると、ついていけないんです。

原稿を何度も読みこんで、顔の筋肉がプルプル震えるほど読みの練習をしても、表記通りだけの発音だとアナウンサーの速度についていけないんです。

速度についていけないということは、聞き取りも完璧でなくなるということですね。

 

人間不思議なもので、一度こうと思うと、こうだと思い込むことが多いです。

 

だから、例え目の前の韓国人の友人が自分とは異なる発音を発していても、気がつかないことが多いです。