'은/는'と'이/가'の使い分け

最近、韓国語の学習者の方に倣って韓国ドラマを見ることに。

でも韓国ドラマは1話で約1時間半。

一度見るとやめられない中毒性が・・・

1時間半を徹底的に語学学習として見るにはちょっと難しいですね。

30分くらいは語学学習として耳をそばだてて見ていますが、

だんだんと集中力が切れてきて、いつのまにやら普通にテレビ見ている状態に。

困ったもんです。

 

と、いつものようになんの関係もない話題から入りまして

ここから本題です。

 

ここのところ気がついたのは、韓国語学習者の中で

'은/는'と'이/가'の使い分けが曖昧

な方が多い、もしくは使い分けに自信がない方が多いかと思います。

そして自分はどうかといえば、明確に説明ができないなぁ、と。

そこでちょっと調べて見ました。

あまり参考書などのルールや規則ではピンとこないタイプではありますが、

参考になるような説明があったので、ここで紹介したいと思います。

**********************************

「이/가 은/는 차이점」

助詞の‘은/는’がついた単位が文章の中で主題として使われる場合があるが、

特に主語が主題語として使われる場合には ‘이/가’が使われた主語と対立して使われる。

이 사람이 제 친구입니다.(この人が私の友達です)」

のように‘이’が使われた文章は会話の最初にくる内容や段落が変わる時、

または主語をはっきりと表そうとする意図があるときに使われる。

이 사람은 제 친구입니다.(この人は私の友達です)」

のように‘은’が使われた文章は前の文脈で提示した主語が繰り返される時に使います。

これにより「네 친구라는 사람이 누구야?(あんたの友達という人は誰?)」

という質問に対しては「이 사람이 제 친구입니다.(この人が私の友達です)」と話し、

이 사람이 누구야?(この人が誰?)」という質問に対しては

이 사람은 제 친구입니다.(この人は私の友達です)」と話すことになります。

 

“이 사람이 제 친구입니다.”

“이 사람은 제 친구입니다.” 

“네 친구라는 사람이 누구야?”→“이 사람이 제 친구입니다.”

“이 사람이 누구야?”→ “이 사람은 제 친구입니다.”

********************************

ふむふむ。

「うん知ってるよ」と言いたいところですが、私はこんな説明できません。

こんな風に説明がさらりとできると良いですなぁ。

しかも教える目線が何だか優しい。友達が優しく教えてくれているみたい。

これは、韓国の国語の先生が韓国に住む外国人からの質問に答えた文を簡単に訳したものです。

元の文章がネット上で見つけられなく原文を紹介できません。

ただ、この回答文は学習者にとって参考になると思ったので紹介しました。

 

次回はソウル新聞の‘은/는’은 주어를 가리키지 않는다

「'은/는'は主語を表さない」という気になる記事を発見したので紹介したいと思います。